読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8月15日、32歳という若さで急逝した元AV女優の紅音ほたるさん。

8月15日、32歳という若さで急逝した元AV女優の紅音ほたるさん。

生前、仕事をともにしたアダルト業界の仲間や関係者からも惜しむ声が相次いだ。そこで彼女との思い出を振り返ってもらい、追悼コメントをいただいた。

* * *

●AV男優・田淵正浩「プロ意識の高い、志ある女優さんでした」

彼女はおそらく女優史上、最もカメラを壊した人だと思います。というのも、彼女の潮吹きはものすごい水圧と水量で僕の男優歴27年の中で見ても圧倒的トップです。その潮をもろにカメラで受けると壊れるわけです。でもそんなの監督なら知って然るべきなんですね。何度も撮っているのだから。

しかし、あるベテランの監督で、撮り始めると興奮して我を忘れ、彼女の潮吹き寸前にカメラをググーッと突っ込んじゃう方がいたんです。カメラのレンズをサランラップでカバーもせずに突っ込んで潮を浴びて壊れ、しかも代替え機もないってことで1、2時間くらい撮影中断してしまったことがあった。彼女、控え室に戻って怒ってましたねー。http://cogoole.jp/searches/blog/488
https://eesite.me/fw4SmoCfyc
http://reytuturtr.amsstudio.jp



彼女は自分の体を熟知していて、自在に潮吹きが操れるわけです。カメラも撮りやすいタイミングで出しているにも関わらず、監督の不適切な判断や行動によって時間にロスが出ることが許せなかったのでしょう。共演作などで同期の女優や後輩女優にダメ出し、仕事上の注意をしている姿を見たこともあります。彼女ほどプロ意識も高く、賢い女優は希有(けう)でした。


●AV女優・北条麻妃「紅音さんとの共演作で“現場の楽しさ”を知りました」

紅音さんとは私が現在の北条の名前になる前の「白石さゆり」時代に一度だけ共演したことがあります。…
その『ドリーム学園12 6時間完全版』」(ムーディーズ)は当時デビューして2年だった私にとって初めての大作で、10名もの大勢の女優さんと共演したのも初体験だったのでとても緊張していました。

紅音さんとはメイク室が一緒だったのですが、朝入って来られた時の挨拶は元気でハキハキとしていて。現場がパッと明るくなった感じで、私の緊張も少しほぐれました。元気で素敵な人だなあ、と。http://www4.hp-ez.com/hp/reytuturtr
http://reytuturtr.nice-hp.com/


また、パケ写真の撮影時も、私以外はほとんど若い単体女優さんが多かったんですが、10名で並んで撮らなければいけないのに誰かしらが「トイレ行きまーす」とか「メイク直して」とかそんな感じで撮影を中断させて。なかなか撮影が進まなかったんですね。そんな中、紅音さんだけは淡々と構えて待っていた姿も印象的でした。


思えば、当時は「このまま女優を続けるかどうか」と気持ちが揺らいでいた私にとって、初めて撮影現場の楽しさを知ることになったキッカケでしたし、紅音さんの毅然とした振る舞いに刺激されました。ご冥福をお祈り申し上げます。

元水泳選手で2000年シドニーオリンピック競泳女子400mメドレーリレー

9月7日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)に、元水泳選手で2000年シドニーオリンピック競泳女子400mメドレーリレーで銅メダルを獲得した田中雅美(37)が出演。SMAP中居正広(44)が下ネタを振り、タレントの武井壮(43)にたしなめられる場面が見られた。http://www.mypress.jp/u/reytuturtr/
http://reytuturtr.exblog.jp/



 この日は「アスリートSP」と題され、各界の一流アスリートたちが、競技の舞台裏などを語った。この中で田中はシドニーオリンピックでの調整ミスを振り返ったが、ここで武井が練習で筋肉がつくのは女性としてどう思うのかと質問をした。これに田中は筋肉は気にならないとしながらも、「私が年頃として嫌だったのは、毛をそる話って聞いたことありますか? 全身、指先まで全部そるんですけど、日頃は生やしとかなきゃいけないんです。モジャモジャじゃないといけない」と発言。普段の練習は水の抵抗を増やすため、あえて体毛をそらないのだが、それが嫌だったというのだ。


 これに「モジャモジャなんですか?」と、食いついてきたのが中居。「水着がハイレグだったじゃない。はみ出ない?」と言い、両手の指を縮れた体毛のように動かすと、武井から「その手は……」と、ツッコミを受けていた。http://www.asks.jp/users/reytuturtr/
http://blog.rmake.jp/reytuturtr/7734



 田中はその質問に対して「それは日頃はちゃんとしましょうって(なってる)」と、はみ出ることを否定。レース前にそることの効果について「もう飛び込んだ瞬間から全然違います」と説明。意外な事実に中居も「スゲーなー!」と、驚いた様子を見せていた。…
「解散によって番組の終了が噂されていた、中居がMCを務める『ナカイの窓』と『ザ!世界仰天ニュース』ですが、正式に日本テレビから継続が発表され、ファンも胸をなでおろしたようです。それもあってでしょうか、この番組に限らず、最近の中居はけっこう突っ込んだ発言をしていて絶好調といった感じです。まだしばらくは、MCとしての活躍が続くんじゃないでしょうか」(芸能誌記者)――ようやく仕事に専念できる精神状態に戻ったのかも?

国民的アイドルグループ・SMAPの解散発表は、各方面に激震が走った

国民的アイドルグループ・SMAPの解散発表は、各方面に激震が走った。彼らがここまでの地位に登り詰めたのはファンの支えによる部分も大きいが、テレビマンの間では、“テレビこそがSMAPを育て上げた”という自負があるという。

 SMAPは1991年に「Can't Stop!! -LOVING -」でCDデビューしたが、当時のジャニーズとしては珍しくCDランキングでは1位を獲得することはできず、2位という結果に終わった。その後もCDランキングで1位を獲得することはできず、SMAPは危機的状況に陥っていた。
 
 そんな中、1992年4月にフジテレビ「夢がMORI MORI」にレギュラー出演。この頃、ジャニーズのアイドルがバラエティ番組に出演することは、非常に珍しいことだった。

 「SMAPを起用した制作陣は、度胸がありますね。深夜枠とはいえ、結果は求められる。国民的アイドルグループの土台を築き上げた、原点はここにあると思います。」(テレビ局関係者)http://cvxcbgfgh.j-freeweb.net/
http://cvxcbgfgh.osakazine.net/


 ただ、1992年8月、愛知県・名古屋レインボーホールで行われたライブでは、客席が7割程空席という異常事態。まだまだ、世間ではSMAPの認知度は低かった。

 その後、状況は徐々に変化する。フジテレビの月9ドラマ「あすなろ白書」に木村拓哉が出演。主演ではないものの、キーマンとなる役柄を演じ、大きな注目を浴びた。木村が注目を浴びると、自然とSMAPというグループにも目を向けられ、SMAPは世間から認知されるようになった。…
そして、1994年発売の12枚目シングル「Hey Hey おおきに毎度あり」でようやく1位を獲得。その後、SMAPはCDランキングにおいて、怒濤の快進撃を続ける。

 すでにこの頃、木村は俳優として評価を高めていたが、他のメンバーはまだまだ、個性を発揮する事ができなかった。そんな中、中居と香取が、1994年4月からフジテレビ「笑っていいとも!」の曜日レギュラーとして出演。1995年には草なぎ剛も同番組のレギュラーに抜擢され、当時お昼の番組の中で圧倒的な人気を博していた番組に出演することで、メンバーは世間からの認知度を一気に高めた。

 「『いいとも!』の出演が、大きなターニングポイントとなった事は言うまでもないでしょう。この頃、木村以外のSMAPメンバーは世間的にみたら無名に近かった。現場でも中居や香取、草なぎはまだまだバラエティ番組で何をしたら良いか分からず、また何も出来なかった。ただ、タモリさんなどの大物タレントから、バラエティのイロハを学び、今に活かされている」(テレビ局幹部)http://blog.gurun.jp/reytuturtr/
http://gameport.jp/user/12299/blog/


 その後、1996年にフジテレビで「SMAP×SMAP」がスタート。メンバーは他にも数々のドラマやバラエティ番組に出演し、メンバーの個性を伸ばしてきた。おのずとSMAPメンバーの人気も高まり、SMAPはカリスマ性を放つ事になった。

 「各局でSMAPメンバーを起用し、視聴率も獲れていた。テレビ局はタレントを発掘し、スーパースターへと育てるという役割もある。…

芸能人の“すっぴん”とされる画像はベースだけは薄

芸能人の“すっぴん”とされる画像はベースだけは薄く化粧を施していたり、写真に美肌加工がされている場合が多いと聞く。だが今回の吉村崇(平成ノブシコブシ)が撮ったオカリナ(おかずクラブ)の顔面写真は“正真正銘のすっぴん”であろう。フォロワーからは「女の子なのでもっと可愛く撮ってあげてください」と悲鳴があがっている。その一方、撮影者であろう吉村崇はこの1枚を「重要文化財」と位置づけた。

9月9日の『吉村崇 hnkyoshimura Instagram』に、薄笑いを浮かべたオカリナの顔がドアップで投稿された。「笑ってる。流石です」「迫力が桁違いです」とコメントが添えられているが、確かに今月で32歳を迎える女性にしては異様な貫禄と凄みが感じられる。いつもの童顔で可愛いオカリナではない。http://cogoole.jp/searches/blog/487
https://eesite.me/l1IDgZPefT


この写真に一瞬驚かされたフォロワーも多く、「悪意しか感じません」「怖いです…」「今日の夜はうなされます」と恐怖を感じている方もいる。何より「女の子はスッピンはあかんて」「若いのにくすみとシミがっ」「お願い。美白加工アプリで撮ってあげて~」とオカリナへの同情の声が集まっている。芸人といえども女性だからと、オカリナを気の毒に思うフォロワーが少なくない。

しかし、吉村の思惑はオカリナのすっぴん顔を晒すことだけにとどまらなかった。吉村はこの投稿に「#重要文化財」とタグ付けしており、その先には有名な建造物や美術工芸品に交じってオカリナの顔面が並ぶ。これには「重要文化財…オカリナさんは文化になるんですね」とフォロワーも同情を超え、吉村となによりオカリナの芸人魂に「一本取られた!」と感嘆する声があがっている。

http://cvxcbgfgh.amsstudio.jp
http://www4.hp-ez.com/hp/cvxcbgfgh